ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? キーワードマニア 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2008年06月28日

女子体操は限界ギリギリハイレグで脚線美


 体操の女子日本代表が、史上もっともハイレグのレオタードで北京五輪に臨むことになった。五輪で着用する新ユニホームが27日、都内で発表された。女子用は腰の両横部分を従来よりも約3・5センチ深くカット。製作したミズノの担当者は「規定で腰骨まで見えるものは禁じられているのでギリギリ」と極限露出と説明した。 (日刊スポーツ)
脚線美を強調するハイレグ化は世界の主流だけに、代表の鶴見が「審判の先生に『足が短く見える』と言われていた。カットが高くなったことで演技に集中できる」と話すなど選手からも好評。またアテネ五輪団体総合金メダルの男子は「王者の誇り」をテーマに、肩の炎の模様などで初めて金色部分が施された。
posted by ます at 18:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。