ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? キーワードマニア 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2008年07月05日

ロナウジーニョ、ミラン「90%決まった」


 スペインリーグ・バルセロナを戦力外となっているFWロナウジーニョ(28)のセリエA・ACミラン移籍が、秒読み段階であることが4日、分かった。実兄で代理人を務めるロベルト・デ・アシス氏が「90%の確率でミランに行く」と明言。アジアツアー中のロナウジーニョは5日に欧州に戻り、ミランとの最終交渉に臨む。 (サンケイスポーツ)

 宙に浮いていたロナウジーニョの移籍問題がようやく、解決に向けて動き出した。中国・上海に滞在中の実兄で代理人のデ・アシス氏が、「ロニー(ロナウジーニョ)がミランに行く可能性は90%。すべて準備はできている」と明言。5日に欧州に戻るロナウジーニョとミラン、バルサの最終三者会談を行う意向を示した。


 ミランとロナウジーニョ本人の間ではすでに合意。しかし、バルサは50億円以上の高額移籍金を要求し、クラブ間交渉は難航していた。ミランのガリアーニ副会長が「以前ほどロナウジーニョの必要性を感じていない」と語るなど、撤退もささやかれていた。


 しかし、すべてはバルサに金額を下げさせるための“芝居”だった。バルサのグアルディオラ新監督は「来季の戦力と考えていない」と早期決着を呼びかけたが、逆にロナウジーニョの価値低下を招く結果になった。


 一方、アジア市場を重視するミランは、契約するナイキ社のイベントで東京、ソウル、上海を回り、アジア地域での変わらぬ人気を示したロナウジーニョの評価を再認識。最終的に1800万ユーロ(約30億円)前後で交渉がまとまる可能性が高くなった。


 「ロニーはあと4、5年はトップレベルでプレーする」と米MLS、中国リーグなどへの移籍のうわさも否定したデ・アシス氏。伊各紙も2週間以内の決着を報じるなど、混迷を極めた移籍劇の終幕が近付いている。
posted by ます at 10:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。