ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? キーワードマニア 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2008年07月27日

“妖精”浅尾美和の獲得を巡って民放3局が激突!


●ビーチバレーは金のなる木
 北京五輪出場はついえたが、“ビーチバレーの妖精”浅尾美和(22)の人気は衰え知らず。日本テレビ、フジテレビ、テレビ朝日の3局が浅尾獲得を目指して激しい争奪戦を展開している。 (ゲンダイネット)


「日テレは北京五輪のビーチバレー中継権がアピールポイント。フジは浅尾をビーチバレーにスカウトしてマネジメントもサポートしている、現日本ビーチバレー連盟会長を務める川合俊一とのコネクションが頼り。テレ朝は今後、日本で開催されるビーチバレーのイベントを中継することを理由に、それぞれ水面下で浅尾獲得に向けて動いています」(日本ビーチバレー連盟関係者)

 各局がここまでして浅尾にこだわるのには理由がある。まずバラエティーでタレント以上の活躍が期待できる。スポーツキャスターとしての可能性もあるし、スポーツリポーターとしての起用も考えられる。身長172センチでB83・W62・H86の小麦色のナイスバディーの魅力は出色で、CM出演のオファーも多く、人気も知名度も抜群に高い。また、各局が浅尾に接近しているのは日本で開催されるビーチバレーの中継権を狙っていることも背景にある。

「スポーツイベントは金のなる木。ビーチバレーは大化けする可能性があります。テレビ局としては浅尾を囲い込むことで連盟にコネをつくりたいと考えている」(マスコミ関係者)

 争奪戦は現段階では日テレがリードしているといわれているが。

「やはり五輪でのビーチバレーの中継権を持っていることが大きい。しかも、五輪後のビーチの中継に関しても多額の放映権料を提示したといわれている。引退後はスポーツキャスターとして育成することも提案しているというし……」(事情通)

 健康美の象徴のような浅尾に対するテレビ局の視線は熱くなる一方のようだ。
posted by ます at 15:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。