ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? キーワードマニア 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2008年09月15日

浅尾が妹の形見胸に決勝T/ビーチバレー


 「ビーチの妖精」浅尾美和(22=エスワン)が妹の死を乗り越え、再出発を果たした。西堀健実(27)とのペアで1カ月ぶりの実戦に臨み、1次リーグ2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。8月に交通事故に遭った妹美紀さん(享年17)が5日に死去。 (日刊スポーツ)


大きな悲しみを背負いながら、左腕に喪章、形見のペンダントを胸に、愛する妹へ勝利をささげた。4年後のロンドン五輪出場を目指して、浅尾が再スタートを図った。

 天国の妹と一緒に戦った。浅尾が砂浜を跳ねるたび、シルバーのペンダントがきらめいた。生前に美紀さんへプレゼントした思い出の品。「妹も見てくれている」。左腕には喪章も巻いたが、ビーチの上では悲しみをのぞかせることなく、無理にでも笑ってみせた。

 1次リーグ2戦とも2−0の圧勝。1カ月ぶりの復帰戦を飾った。「自分たちの良さは元気に笑顔でプレーすること。いろんなことがあったけど、言い訳にしたくなかった」。試合後の会見では瞳に涙が浮かんだが、泣きだしそうになるのを必死でこらえた。

 5日に最愛の妹の最期をみとり、7日に告別式を終えたばかり。周囲からは「無理しなくていい」と勧められたが「私が頑張ることが残された家族への励ましにもなるし、何より美紀への一番の供養になる」と出場を直訴したという。7月のジャパンレディースで悲願の初タイトルを手にした時、誰より喜んでくれたのが美紀さんだった。天国へ勝利を届けたかった。

 今大会に向けて練習できたのは11日の1日間だけ。この日朝には貝殻を踏んで足の裏を切るアクシデントもあったが、気力で乗り切った。西堀も「今まで以上のプレーができていた」と目を見張った。

 キャスターとして訪れた北京五輪ではビーチバレーやソフトボールなどを観戦。親しい知人たちに「4年後は私がインタビューされる側になる」と誓ったという。「いろんな意味で忘れられない夏になった。強い気持ちでロンドンへ向けて出発したい」。天から降り注ぐ温かな光が、涙を乾かしていった。
posted by ます at 10:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

浅尾が妹の形見胸に決勝T/ビーチバレー
Excerpt: 「ビーチの妖精」浅尾美和(22=エスワン)が妹の死を乗り越え、再出発を果たした。...
Weblog: 浅尾美和の秘密
Tracked: 2008-09-15 23:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。