ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? キーワードマニア 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2006年11月18日

安藤美姫が2位発進、金妍兒を追う…フィギュアGP

MM20061118110839136M0-small.jpg フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦フランス杯は17日、パリで開幕。女子ショートプログラム(SP)は、開幕戦のスケートアメリカでGP初勝利を挙げた安藤美姫(トヨタ自動車)が65・02点で、首位の金妍兒(キム・ヨナ)(韓国)と0・20点差の2位につけた。 男子SPは、南里康晴(中村学園大)が56・80点で7位。昨季のジュニアGPファイナルと世界ジュニアの2冠を制した小塚崇彦(愛知・中京大中京高)は最下位11位と出遅れた。首位はブリアン・ジュベール(仏)。続きを読む
posted by ます at 11:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウッズ美技イーグルで首位…通算8アンダー

 男子プロゴルフツアー ダンロップ・フェニックス第2日(17日・宮崎・フェニックスCC=6907ヤード、パー70) 3連覇を狙うタイガー・ウッズ(30)=米国=が単独首位に立った。2打差3位から出て4番でチップインイーグルを奪うなど5アンダー65をマーク、通算8アンダーとした。第3日は、66で1打差2位に浮上したパドレイグ・ハリントン(35)=アイルランド=との最終組で米欧ツアー賞金王対決に臨む。前日首位の片山晋呉(33)=ファイテン=は70で5アンダー4位に後退した。続きを読む
posted by ます at 08:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

闘莉王Aマッチ初ゴールもPK外した

 【日本3―1サウジアラビア】ドーム内にこの日一番の悲鳴が起きた。後半ロスタイム。闘莉王の蹴ったPKはゴール左上に大きくそれる、まさかの大ホームラン。ゴール前で初出場の高松が粘って得たPK。そのボールを自信満々に奪い、セットしたまでは良かった。さすがの闘莉王も「もう蹴らないよ。こんな落ち込みはない」と赤面した。オシム監督も「次のPKは誰(に蹴らせるべき)でないか、分かった。これは収穫ですよ」と笑顔で皮肉った。続きを読む
posted by ます at 07:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

アジアユース、日本がサウジ下しU―20W杯出場決定

ニッポン 【バンガロール(インド)】U―20(20歳以下)W杯予選を兼ねたアジアユース選手権は6日、準々決勝が行われ、グループリーグC組1位の日本は、同D組2位のサウジアラビアを2―1で下し、7大会連続で来年6〜7月のW杯カナダ大会の出場権を獲得した。日本は7分、MF柏木(広島)のFKをFW河原(新潟)が頭で合わせて先制したものの、81分、PKで同点に追いつかれた。しかし試合終了直前に、途中出場のFW青木(千葉)が劇的な勝ち越しゴールを決めた。日本は9日の準決勝で、豪州を2―1で破った韓国と対戦する。準々決勝の残る2試合は、ヨルダンが中国を2―1で、北朝鮮がイラクを2―0で下した。
posted by ます at 07:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

浦和MF小野が治療に専念

【2006年10月21日発売予定】CL-274 小野伸二 2007年カレンダー 浦和MF小野伸二(27)が4日の天皇杯4回戦(静岡FC戦)欠場を明言した。 1日、さいたま市内にある浦和のクラブハウスで痛めている左足首の治療に専念。「今週は治療に専念します。来週ぐらいからピッチに立てればいいですね」と11日のJリーグ横浜戦に照準を合わせた。既にブッフバルト監督も「以前からの足首の問題があるから」と天皇杯4回戦の起用を見送る考えを示していた。
posted by ます at 20:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

GP開幕戦、浅田真央がSPトップ!美姫も2位

浅田真央、15歳フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ開幕戦、スケートアメリカは27日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、昨年のGPファイナルで優勝した浅田真央が68.84の高得点でトップに立った。またトリノ五輪に出場した安藤美姫も66.74で2位と、昨年の世界選手を制した、3位のキミー・マイズナー(米国)の58.82を引き離している。真央の姉、浅田舞は48.66で6位。

続きを読む
posted by ます at 12:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

快勝にも不満のオシム監督/アジア杯予選

【予約】 オシムに学ぶ(仮)<アジア杯予選:日本3−0インド>◇11日◇インド・バンガロール
 オシム監督は、アウエーで3−0の勝利にも満足しなかった。試合後の会見で「この試合で満足していたら、監督の資格はない。デコやロナウジーニョのようなパスを出そうと考える選手もいた」と話した。前半ロスタイムにDF阿部がセットプレー時にマークを外したことや、後半から個人プレーに走る選手が出てきたことに激高した。オシムイズムは浸透しつつあるが、同監督の要求するレベルまでは、かなりの開きがあるようだ。


posted by ます at 07:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

愛ちゃんやった!青森3連覇

【送料無料・消費税・代引き手数料込み】【Butterfly】攻撃用シェーク(カーボン)福原 愛スペ... 第61回国民体育大会「のじぎく兵庫国体」第10日は9日、兵庫県で行われ、卓球の少年女子は福原愛(青森山田高)を擁す青森が、宮城との3年連続決勝対決を3―2で制し、3連覇。同男子は青森が10年連続11度目の制覇を果たした。5番手までもつれた卓球少年女子決勝でチームメート李明明が勝利を決めると福原は跳び上がった。3連覇達成に「あー良かった。みんなで力を合わせて優勝できたのがうれしい」と息を吐いた。決勝は宮城が相手。1番手で同学年の強敵・照井と戦った。最初のポイントを取っただけで「サー!」の掛け声を連発するほど気合が入っていた。続きを読む
posted by ます at 07:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

オシム監督 インドではカレー食え

【予約】 オシムに学ぶ(仮) 日の丸イレブンにカレーの試練が課された。日本代表のイビチャ・オシム監督(65)は6日、東京・お茶の水のJFAハウスでアジア杯予選インド戦(11日・バンガロール)に向けて、スタッフミーティングを行った。5月下旬のU-19日本代表インド遠征では現地の主食であるカレーで体調を崩す選手も出たが、“過保護”を嫌うオシム監督は専属シェフを帯同させない方針を確認。来年7月のアジア杯本大会へ向けて、選手のアウエーでの適応能力を測る。代表生き残りを目指す選手に思わぬ“難敵”が持ち上がった。
続きを読む
posted by ます at 13:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅田舞 芸能活動“引退”…フィギュア専念「バンクーバー五輪目指す」

氷上のアーティストたち フィギュアスケート選手で、タレントとしても活動していた浅田姉妹の姉・浅田舞(18)が、タレント活動をやめ、フィギュアに専念することが6日、発表された。所属のホリプロによると、浅田姉妹が米国に活動の拠点を移すことに決めた8月下旬に、芸能活動“引退”の申し出があったという。この日で契約が終了となった。舞は昨年3月、ホリプロと岐阜県が開催したモデルオーディションでグランプリを獲得し芸能界入り。当初は芸能活動を優先、フィギュア引退も示唆したが、結局、芸能界の仕事は数回のイベント出演と、今年4月に放送されたドラマ「赤い奇跡」にスケート選手役で出演したのみとなった。舞は「2010年のバンクーバー冬季五輪を目指します」とコメントしている。
posted by ます at 08:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

水本も合格、オシム監督好みマンマーク守備機能

JリーグオフィシャルDVD ジェフユナイテッド市原・千葉 2005シーズンイヤー 日本0−1ガーナ(4日・日産スタジアム) オシム・ジャパンの“新芽”たちが、光を見せた。初招集の水本裕貴(21)=千葉=に、本職ではない今野泰幸(23)=F東京=、阿部勇樹(25)=千葉=の3人で組んだDF陣もドイツW杯16強のガーナを1失点に抑える奮戦。けがで招集が見送られたDF田中マルクス闘莉王(25)、坪井慶介(27)=ともに浦和=を欠く中で、“急造最終ライン”が意地を見せた。驚異の身体能力を誇るガーナと互角に渡り合った。最終ラインに本来はボランチの阿部と今野が並ぶ。ここまで4戦先発の闘莉王と坪井をけがで欠く緊急事態に、オシム監督が選択したのは、3バック中、DF登録は初招集の水本のみという常識破りの布陣だった。続きを読む
posted by ます at 08:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

オシム監督ガーナ戦化学反応で勝つ

Number 660号 日本代表イビチャ・オシム監督(65)が、目指すスタイルに“化学的サッカー”を掲げた。日本代表は4日、日産スタジアムで世界ランク23位の強豪ガーナと対戦する。3日の記者会見でオシム監督は、「ポリバレント(多様な価値を持つ選手)」を連発し、相手によって変幻自在にシステムを変える独自の理論を展開した。ガーナ戦ではMF阿部勇樹(25)だけでなく、DFで初起用されるMF今野泰幸(23)の存在がキーポイントになりそうだ。珍しく、オシム監督のほおが緩んでいた。ガーナは現在アフリカ最強と言われ、オシムイズムの浸透度をはかるには申し分のない相手だ。続きを読む
posted by ます at 08:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

10・4ガーナ戦で『オシムVsジーコ』代理対決!

2006Jリーグチームエディションジェフ千葉ジャージーカード/JC2阿部勇樹 日本代表合宿第2日(2日、横浜市内)MF阿部勇樹(25)=千葉=が、4日のガーナ戦のキーマンとなる3バックの中央に指名された。オシムサッカーの“申し子”阿部に対し、ガーナの要は現在、日本代表前監督のジーコ氏が率いるクラブに所属するMFアッピアー(25)。2人の激突は『オシムVsジーコ』という日本代表新旧監督の“代理戦争”。04年アテネ五輪1次リーグでぶつかった両者が、師の誇りをかけて再び激突する。
やはりキーマンは、この男。霧雨降るグラウンドで、本来はMFの阿部が、3バックの中央DFに入った。続きを読む
posted by ます at 08:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上村愛子が来春写真展

上村愛子smile! スキー女子モーグルでトリノ五輪5位入賞の上村愛子(26)=北野建設=が、これまで撮影した写真の展示会を、来春にも行うプランが2日、分かった。五輪の写真は展示できないが、海外合宿を記録したものや、プライベートが盛り込まれることになりそうだ。07〜08年シーズンから「チームaiko」の拡大を計画し、トリノ金メダルのジェニファー・ハイル(カナダ)の強化法をヒントに、スタッフの拡充も図る予定だ。上村はこの日、都内で自身のドキュメントDVD「2U SKIの神様と過ごした日々の記録2編」(5775円)の試写会に出席。「金メダルという目標に向け、4年間スキーのことだけ考える」と決意を口にしていた。
posted by ます at 08:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

ディープ凱旋門賞3着、世界の壁厚く

♪メール便なら送料無料♪ディープインパクト 2007年カレンダー 【メール便対応商品】 【パリ】競馬の世界最高峰GI競走、凱旋(がいせん)門賞(芝2400メートル)は1日(日本時間2日)、フランス・パリ郊外のロンシャン競馬場で行われ、日本から参戦した武豊騎乗のディープインパクト=牡4歳、栗東・池江泰郎(やすお)厩舎(きゅうしゃ)=は3着に惜敗した。優勝は地元フランス馬のレイルリンク(牡3歳)。 レースは8頭立てで行われ、ディープインパクトは3番手追走から直線で一度先頭に立ったものの、残り100メートル付近でレイルリンクとプライド(仏)の2頭にかわされた。日本調教馬は、1999年にエルコンドルパサーが2着に入ったのが過去最高成績。
posted by ます at 07:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

代表未経験深谷“サプライズ招集”

【2007年カレンダー】サッカー日本代表 日本代表のイビチャ・オシム監督(65)が10月4日のガーナ戦(日産)、同11日のアジア杯予選インド戦(バンガロール)の招集メンバーに代表未経験の大分DF深谷友基(24)をリストアップしていることが26日、分かった。既にインド渡航の手続きで必要なパスポートを日本協会に提出している。現在6位と健闘している大分の守備の柱に“サプライズ招集”の可能性が膨らんできた。中東遠征に初招集されたMF梅崎に続き、オシム監督の“隠し玉”はまたも大分にいた。A代表どころか、下の世代でも代表歴のまったくないプロ2年目の深谷に白羽の矢が立てられた。続きを読む
posted by ます at 07:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

遅咲き播戸がオシムジャパン入り

2006Jリーグチームエディションガンバ大阪ジャージーカード/JC3播戸竜二(黒) オシムジャパンの新エース候補としてG大阪のFW播戸竜二(27)がリストアップされた。日本代表のイビチャ・オシム監督(65)以下、代表スタッフは25日、東京・本郷のJFAハウス内で10月4日のガーナ戦、同11日のインド戦に向けたミーティングを行った。新招集メンバーは20人強で、Jリーグでの勢いとミスの少なさを選考基準とする方針があらためて確認された。オシム監督、コーチ陣によるスタッフ会議は過去最長の4時間にも及んだ。メーンテーマは10月4日のガーナ戦、同11日のアジア杯予選インド戦の招集メンバーについて。続きを読む
posted by ます at 07:59| 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

小椋、潮田組は4強ならず=世界バドミントン

小椋久美子&潮田玲子のバドミントンダブルスバイブル(基礎編) バドミントンの世界選手権は21日、マドリードで行われ、女子ダブルス準々決勝で小椋久美子、潮田玲子(三洋電機)組が中国ペアにストレート負けし、ベスト4入りはならなかった。同シングルスでも森かおり、広瀬栄理子(ともに三洋電機)が3回戦で敗れた。男子シングルスでは佐藤翔治(NTT東日本)が3回戦で敗退。同ダブルスでも坂本修一、池田信太郎(日本ユニシス)組、舛田圭太、大束忠司(トナミ運輸)組がともに3回戦で敗れ、日本勢は男女とも姿を消した。 

posted by ます at 12:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

ガーナ戦に海外組招集を準備

2007年カレンダーサッカー日本代表 日本サッカー協会の小野剛技術委員長は19日、日本代表がガーナ代表と対戦する10月4日の国際親善試合(日産スタジアム)に海外でプレーする選手を招集するかについて「オシム監督から話はないが、要請があれば動ける準備をしておく」と話した。小野委員長は今月上旬にフランス1部リーグ、ル・マンの松井大輔とスイス1部リーグ、バーゼルの中田浩二の試合を視察。両クラブの関係者に、今後の日本代表への協力を要請。今のところ招集のレターはどこにも出していないという。
posted by ます at 07:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。